投影を変えるとは。

基本的に、人は様々なものを相手に投影します。 投影とは、自分の中の抑圧された無価値観や罪悪感を通して、 相手を見るということです。 具体的には、自分が1人で楽しむことに許可を出せない時、 1人で楽しめない相手を見て、 そいつは楽しむことができない…

エネルギーという感覚。

僕は、なんとなくエネルギーを取り込みやすい性質な気がしてる。 相手の底に秘めた感覚を、心と体で感じることが多い。 だから、人と仲良くなるのには結構時間がかかる。 相手のエネルギーを感じると、 このエネルギーに合わせないと、という意識がよく先行…

思いのままに。

人は形であり姿であり私であると、すごく感じた。 人が過去を語るときは形を帯びるし、 未来を語るときは姿を表すし、 感情を素直に表現するときは、私を表す。 ただただその人であるということは、 こういった言葉が、時間軸を超えて、 様々な形で、ただた…

リーダーとは。

リーダーには、様々な姿があると思う。 リーダーシップを発揮するリーダー。 コミュニケーションを重視するリーダー。 様々あると思うが、僕にとってリーダーとは、 どれだけ自分の感覚を誤魔化さないか、 が非常に重要だと思っている。 というものの、 基本…

大切なもの。

ちょっと、書き残しておきたい。 ずっとないと思っていたものが、今日見つかった。 僕は高校を三年で中退した。 その中退するまでの、何週間、不登校だった。 そのときに、担任の先生から贈られた一通の封筒があった。 その封筒の中には、 クラスメイトから…

今できることを、全力でするとは。

こんにちは。 今回は、今できることを、全力でするとは、 どういうことなのか、について書いていきたいと思います。 やっぱり、与えること、 誰かに何かを表現することは怖いと思うんです。 必ず、怖いなという気持ちや、 不安だなという気持ちを感じるから…

現実的に物事を考えるには、自信のなさを使う。

こんにちは。 今回は、現実的に物事を考えていくコツを書いていきたいと思います。 まず、現実的に物事を考えていくということは、どういうことでしょうか。 僕は、物事の裏側にあるリスクを、 ちゃんと、見つめることだと思っています。 リスクを見つめると…

ドリブルとは全身を使って踊るということ。

こんにちは。 今回は、サッカーのことについて書いていこうかなと思います。 そろそろ、こっちの歩みも進めるときかなぁと思ったので、 とりあえず、だらだらと書いていきたいと思います。 僕は、ドリブルって踊ることだと思ってます。 手の指の先まで使い、…

女性を守りたい男性必見!匂いと感情の関係性。自臭症の人も必見!

こんにちは。 今回は、匂いと感情の関係性について書いていきたいと思います。 匂いって結構、個人的にはデリケートな話だと思うんですよね。 匂いに悩んだ僕だからでしょうか。特に敏感に感じる話題です。 さて。本題からいきなり入ると、臭いと感じること…

なんで、命令口調を使ってくるの?

今日は、楽しいんでもう一個書きたいと思います。 今回のお話は、「なんで命令口調を使ってくるの?」というお話についてです。 僕が命令でぱっと浮かぶのは、軍隊ですかね。 こうしろ、ああしろ、と言われたりするような感じがしています。 なんていうか、…

罪悪感って実は良い感情!?

こんにちは〜。 これからしばらくは、心理学についてを色々な角度から書いていきたいと思います〜。色々な練習をしたいなーと思ったので。 今回は、罪悪感についてですね。 罪悪感を感じる時って、嫌な感情を感じると思うんですよ。 あの、自分が許されてな…

行動を変える、自己分析の仕方。

こんばんは。 今回は、いつもと主題を変えて、僕がいつもやってる自己分析の仕方について、書いていきたいなと思います。 まあ、自己分析といっても、セラピー的なものに近いんですけどね。 今回は、早速、本題に入りたいと思います。 僕が今やってるのは、…

初心者と同村した時は、どう対応すれば良いの?

こんにちは。 今回は、初心者の方と、不意に同村した時に、どのような対応してあげれば良いのか?ということについて書いていきたいと思います。 皆さんは、初心者時代、どのような心持ちで人狼に参加してたでしょうか。 僕は、不安だった記憶があります。 …

透き通った目で、目の前の相手を考察するには。

こんにちは。 今回は、感情的になった時に、どういう心持ちで相手を見ると良いのか、ということについて書きたいなと思います。 人狼ゲームをしていると、どうしても熱くなることってありますよね。 僕はしょっちゅうありました。お前ふざけんなよ、とか何度…

圧倒的な武を感じさせる雰囲気を文章で出すには。

こんばんは。 今回は少し題材を変えて、一騎当千の武将のような雰囲気の文章を書くにはどうするか?ということについて書いていきたいと思います。 このような独特なテーマは、今まで避けていた部分なので、非常に緊張と腹痛を感じています。トイレに行かず…

狼、初体験を終えた後に、村側で出来るようになる考察。

こんにちは。 今回は、狼、初体験を終えた後、村人になった時に出来るようになる考察について、書いていきたいと思います。 初めての狼はどうだったでしょうか。人を騙す、という体験は日常では中々ないことだと思います。故に、自分が狼の役に選ばれたと知…

初心者に向けた、感情考察の楽しみ方。

こんにちは。 今回は、2〜4戦辺りの、初心者の方に向けた、感情考察のやり方と、楽しみ方について書きたいと思います。 文章から相手の感情を読み取る、というのはすごく難しく感じると思います。 僕は最初、めちゃくちゃ苦手でした。というか、今でも苦手で…

見知らぬ地点に立った時ほど、戦術論。

こんにちは。 今回は、戦術論の必要性と意味について書いていきたいと思います。 僕は、現役の時、戦術論なんていらないと思ってました。 相手のことを理解できる目さえあれば、人外は当てれるのだから、他の何かはいらないと思ってました。だから、かなり苦…

考察に対する自信がなくなると、考察することが怖くなるお話。

こんにちは。 今回は考察が当たらなくなるに連れて、自信がなくなってきたときのお話をしていきたいと思います。 僕は考察するのが、凄く好きでした。だからいっつも単体考察をやってました。 ただ、本当に考察が当たらないんですよね。 頑張って頑張って、…

心の火山が噴火する時にこそ、人の気持ちに目を向ける。

こんにちは。 今回は、怒りに震えそうになったときには、どう対応していけば良いの?ということについて、書いていきたいと思います。 僕はよく人狼をやっているとき、怒りの感情を感じることが多かったです。 自分はこんなに頑張って考察してるのに、何で誰…

戦術論を多く語る人はどう見抜けば良いの?

こんばんは。まだまだ寒い時期が続きますね。皆さんは、いかがお過ごしでしょうか。僕は布団から抜け出せない日々が続いております。寒いと中々起きる気にもなれません。布団の中は暖かくてリラックスできますからね。 まあそれは良いとして。今回は、戦術論…

嫌がらせを優しさに変えるには。

そそっかしいことに定評のある作者です。どうも。昔ですね、よくそそっかしいことで怒られたりしたんですよ。箸有るじゃないですか。あれ、食事中によく落としませんでした?僕はしょっちゅう箸を落としてたんですよ。いやあれね、触れるだけで落ちるんです…

経験を軸に要素を取ることの弊害。

今回は経験を軸にして、要素を取る時に起こる弊害についてお話しします。まず小難しい話はさて置くとして、皆さんは要素をどのように取るでしょうか。サラサラと読んで気になったところをメモする。それもありそうです。一つの主題に絞っての要素を取る。読…

コンビニの自動ドアから学ぶ。情報取得の大切さ。

読んでいる方の殆どは、コンビニに行ったことがあると思います。コンビニはお手軽で、品揃えも豊富ですし、小腹が空いた時にも適している。凄く便利ですよね。ただそんなコンビニの自動ドアに着目された方というのは、あまり居ないと思います。ドアの前に立…

認知論のお話。その見方をしてるのはだーれだ。

今日は、どうして人に対する見方が、人によって変わるの?というお話をしたいと思います。えっと、人狼をしていると、人によって解釈が違うという場面には多く直面すると思います。私はこの人が怪しいと思うのに、彼は違う人を疑ってるみたい。そういうもの…

考察を深めるために、手放してみよう!

人を、正確に考察するということは、難しいことだと思います。何故なら、自分のことは置いといて、相手を見なきゃいけないからです。自分の感情は置く必要があります。でも、自分の感情を端に置いて、考察というのは中々できるようなものではありません。大…

出来ないときは、怖いですというお話。

人狼ゲームでは、自分には出来ないと感じる場面に多く直面すると思います。考察ができないとか。進行がわからないとか。中々勝てないとか。勝負事のゲームなために、そうした、できないことに直面するのは、仕方のないことなのかもしれません。しかし、自分…

相手を疑うことが怖い、優しさを生かす。

人狼においては、一人一人が人外を推理し、誰かを疑うことを求められます。誰かを疑わないと、自分が疑われてしまったり、誰かの役に立てなかったりします。誰かを疑うことで役に立てるというのは総じて、歪なものです。されると悲しいことをして、役に立つ…

素黒、素黄だからこそ言えること。

素黒や素黄と言われる表現があります。いつから生まれたのか定かではありませんが、相手のことを責める時に、多く用いられるものだと感じています。時には、場を和ませる目的で、そのような言葉を用いる時もあるかもしれませんが、それは今回は置いておきま…

深みのある、単体考察。

深みのある単体考察をする方をたまにいる。読んでいて、書き手の思いっていうのが、凄く心に伝わってくる文章。書き手が試行錯誤して、難しさや困難さがあることを知っているからこそ、表れているであろう深み。書き手の経験で得た難しさなどを引き合いに出…