人狼を楽しもう。

汝人狼也で五月雨キリトという名前でやっていました。今は一応引退という形です。復帰時期は未定です。

狼の戦略〜〜狼だとバレないためには?

今回は狼の戦略を説明していきます。

狼でバレないためにはどうしましょう?

狼は生き残らなければ勝てません。

でも、生き残るために、狼で居たとしたら、きっと直ぐにバレてしまうと思うんです、

村と狼では目的が違いますからね。


狼は、狼である前に、まずは、村人であるということが重要です。


さてさて。狼が村人であろうとする、というのは具体的にはどういう感じでしょう。


例えばです。

生存したい系男子のA君が、自分のことを疑ってくる人物だけを噛んだとします。

すると、A君の周りにA君のことを疑う人は消えるでしょう。

でも、A君以外の生存者はどう思うでしょう?


きっとA君のことを疑う人が居ないことに不信感を覚えると思うんです。こいつ、まさかロリryではなくて狼なのか?と。

そしたら、A君の生存戦略は虚しく失敗となり、結果的に吊られてしまうでしょう。

そしてA君も草食系男子の仲間入りをしてしまうはずです。


というように、あまりに狼で居すぎると、逆に不審がられてしまうんですよね。

でも、逆に村人で居過ぎたらどうなるでしょう?


村人系男子B君が居たと思います。

彼は村人らしく居ることが目標なので、とにかく自分の疑ってくれる人を生かします。

すると、彼の周りには彼のことを疑ってくれる人で溢れます。


そうすると、生存している人は、どうして吊られそうなB君のことを、疑う人ばかり残るのだ?と不信感を持ってくれるかもしれません。


でもまずはB君のことを吊ってから考えてみようとなるかもしれません。

そうして、B君は周りに村人として見られながら、吊られていくのです。

儚いです。狼なのに村人として吊られてしまうなんて…。


まあそんな感じで、村人らしく居ても、中々うまくいかなかったりするのです。

としたら、村人らしく居ながらも、狼っぽくいる。その辺りのバランスの調整っていうのが大事になってきそうです。


でも、どうやってバランスの調整をしましょう?

あまり疑ってくる人を、噛みすぎない…?うんうん。

でも少しは狼らしく、噛んでいく…?

うんうん。そうです。そうです。

ただでもどこで判断しよう……?


そうですね。A君は噛みすぎで死んでしまった。B君は噛まなすぎて死んでしまった。

でも、もしですよ?

噛みすぎても、噛まなすぎても、死なない人がいるとしたら?


きっとその人は、噛みだけでは吊れない何かがあるということなんです。

では、それはどう見極めるの?

それは、自分に対しての評価や、自分のことを疑っている数で見極めていくんです!


自分の評価があまりに突質して良いのなら、きっと吊られる可能性は低いです。

そしたら、村人らしく噛めば良い。


でも、自分があまりに疑われているなら、自分を疑っている人を噛めば良い。

こういう時は、噛みを用いる以前に勝率が低いです。

だから、狼として噛んでいくことが、まず必要になります。


そして良い評価の数も疑いの数も、それほど突質してない時は、半々のような形で噛んでいけば良いんです。

自分が明日か明後日には吊られそうなら、狼として噛めば良い。

自分が明日生き残れそうなら、村人として噛めば良いんです。

この辺はケースバイケースなので説明は難しいです。


でも、今回お伝えしたいのは、噛みは自分の見られ方で決めていけば良いよ!というお話です。

偏りを無くすには、自分の見られ方を観察すれば良いのです。

そしたら、少なくとも、村に合ってない噛みをすることはなくなるでしょう。


すると、狼で勝ちやすくなるはずです!

今回もお読みいただきありがとうございました。