人狼を楽しもう。

汝人狼也で五月雨キリトという名前でやっていました。今は一応引退という形です。復帰時期は未定です。

相手を疑うことが怖い、優しさを生かす。

人狼においては、一人一人が人外を推理し、誰かを疑うことを求められます。誰かを疑わないと、自分が疑われてしまったり、誰かの役に立てなかったりします。

誰かを疑うことで役に立てるというのは総じて、歪なものです。されると悲しいことをして、役に立つということですから。
日常のように、されて嬉しかったことをしてあげることとは、全く異なるものなのです。

そうなると、疑うことを求められることは、しんどいことだと感じます。悲しいことを知っていて、なお、悲しいことを相手にしなければならないのですから。すごく、罪悪感を感じてしまう行動だと思います。

僕はこの罪悪感をできれば、感じたくないものだと感じています。疑われると悲しいです。だからこそ、悲しいことを相手にしたくないと思います。 

でも、ゲームに1プレイヤーとして立つと、疑うことをしなければなりません。
悲しい行動をゲームだからという、理由で行うことにより、いつしか疑うことは、楽しいではなく、やらねばならない義務になっていたと思います。

ただ、罪悪感がないわけではありません。
義務で感じる罪悪感は、自分の悲しさを麻痺させることをしていたと思います。
そして、時間が経つにつれて、相手の気持ちがわからなくなるのです。

となると、ついつい相手の気持ちを無視した疑い方をしてしまうことがあるんですよね。注意深く見てみると、相手が悲しんでいたり、傷ついていたりしている姿が見て取れるはずなのに。悲しさが麻痺していると、ついつい行き過ぎてしまうことがあるのです。

本題を書く前に、そんな自分の体験談を書いてみました。自分の悲しさも相手の悲しさも無視した疑い方っていうのは、どちらも救われません。できれば、どちらも、あまり悲しくならないような疑い方をしたいですね。

さてさて。それにはどうしましょうか??
それは、簡単に言うと、疑われて悲しい気持ちを、ただ生かしてみることです。

多く、強い方というのは、端から見ると、疑われても悲しそうにしているようには見えないと思います。でも、それは多くの場合、事実ではないということです。疑われて悲しくならない人は、多分居ないと思います。

けど悲しい気持ちを感じた時の、受け止め方が人によって違うということです。
僕のように、悲しさを隠して、とにかく義務的に行動する人もいると思います。
悲しさを隠すために、相手のことをスルーする人もいるかもしれません。
中には、悲しい姿を見せないために、攻撃的になって身を守る人もいると思います。

たとえば、発見の多くが理論で塗り固められているとか。正しさに拘って、人をコントロールしようとするとか。
とかく、攻撃的に回れば、悲しい気持ちは感じなくて済むのです。なので、攻撃や怒りは、悲しさを遠ざける一つの方法なのです。

特に、男性の方が理性的な人は多いと思います。頼りにされることを多く求められると思いますから。とかく、事態に対処できる方法を求めることが多くなると思います。

まあそんな感じで、疑われて悲しい気持ちっていうのは、中々人前に出すことはできないと思います。多くの人はだしてはいけないと感じていると思うので、だしている人は多く責められてしまうと思います。

けど、もし責められたところで、疑われて悲しいのは自分だけじゃないと思えたとしたら、相手に対する見る目が変わってくるかもしれません。

この人は、もしかしたら疑われて悲しくて努力したのかなぁとか。
この人は、一人で努力して、味方が居なかったから、ちょっと強引なのかなぁ?とか。

自分の悲しさを通して、相手に対して理解できるようになったり。相手に合わせて対応することができたり。自分の行動にも、変化がでてくるかもしれません。

今回は、相手の心を思いやれるからこそ、感じる疑うことの怖さを生かす選択について書いてみました。

今回もお読みいただきありがとうございました!